お子さんに野菜を食べてもらうコツ

お子さんの成長に

野菜は、お子さんの成長に欠かせないものです。いかに栄養価の高い野菜を効率よく食べさせるのかによって、お子さんの成長であったり、風邪などへの抵抗力、お肌の状態などに大きく影響してしまいます。お子さんは、自分で調理することができませんし、当然ながら自分で食べる食材や料理を選ぶことができません。お子さんの成長は、全て保護者の方にかかっているのです。そのため、先ずはお子さんに必要な栄養素について理解を深めることが重要になってくるのです。

お子さんの成長に必要な栄養素は、炭水化物、タンパク質、ビタミン類、食物繊維、脂質、カルシウム、鉄分などが主な栄養成分になります。タンパク質や脂質は、肉類や魚介類、乳製品から摂取するのが基本になります。炭水化物は主食となるご飯やうどんから、ビタミン類、食物繊維などが、野菜や果物から摂取することが望ましいとされております。特に便秘しがちなお子さんなどは、積極的に食物繊維の多い野菜を食べさせたり、ヨーグルトななどを食べさせることで腸内環境を整える必要があります。ビタミン類が豊富な野菜の中には、お子さんが苦手としている野菜もありますので、上手に調理するように心がけ、なるべく苦手意識を持たせないようにしましょう。