お子さんに野菜を食べてもらうコツ

子供は野菜が苦手

小さなお子さんのいるご家庭は、子育てに悩む機会も多いと思います。お子さんの発育やしつけなどと合わせて、毎日のように保護者の方の頭を悩ませているのは食事です。特に野菜が苦手なお子さんにいかに野菜を食べてもらうかは、どのご家庭でも頭の痛い問題となっているのです。

なぜお子さんは、野菜が苦手な子が多いのか、考えたことはありますでしょうか?小さい子供が野菜を苦手だと思う理由として考えられているのが、人間の生存本能です。小さいお子さんは、甘い味や塩味、などわかりやすい味を好む傾向が強くなっています。これは、お子さんの舌が味を感じる機能が、まだまだ未発達になっており、こういったわかりやすい味を美味しいと感じやすくなっているのです。

反対に、野菜などに多く見られる苦い味や渋い味、酸っぱい味などは、無意識のうちに拒否反応を起こしてしまいます。これは、傷んでいる食材であったり、毒の成分のある食べ物などが、苦みや渋み、酸味などを持っていることに由来されます。小さなお子さんは、色々な物を口に入れます。口内で感触や味などを判断するのですが、本能的に苦みや渋み、酸味などを持っているものを吐き出す傾向があるのです。野菜の匂いも同じで、野菜独特の匂いが、お子さんの身体で拒否反応を起こしてしまうのです。また、小さなお子さんは、苦みや渋みを感じやすいということもあります。その為、大人が思っている以上に、野菜を食べるということは大変なのです。


《管理人おすすめサイト》
小さなお子さんがいるご家庭では食材に気を遣い、野菜も無農薬を選んで買っているという人も多いかもしれません。スーパーではなかなか手に入りにくいものですから、お子さんにもっと野菜を食べて欲しいと思っている方は、ネットで注文できる通販サイトを利用してみるといいでしょう ⇒ 無農薬野菜 通販